新しい時代の、新しいコミュニケ−ション。
 21世紀をむかえ、情報通信をとりまく環境は、大きく変化しております。私たち長村製作所は、この変化に対応し、製品というかたちで応えていかなくてはなりません。それには毎日がチャレンジです。お客様に満足していただける、確かな製品をお届けしたい。この情熱を持ちつづけ、新しいコミュニケ−ション形態のニ−ズを先取りした、より良い製品作りに、日々チャレンジして参ります。
代表取締役社長  茂呂 保宏
 
■History■
会社案内
沿革
所在地

このWebサイトへのお問い合わせ先はこちら:webmaster@nagamura.co.jp
 

昭和13年5月 合名会社長村鉄工所設立(横浜市鶴見区)
東京芝浦電気(株)小向工場殿と取引開始。(無線機器体及び部品)
昭和21年11月 逓信省(現日本電信電話株式会社殿)と取引開始。 
(配線盤)
昭和28年8月 株式会社長村製作所設立。合名会社より業務を引き継ぐ。
(資本金3,000万円)
昭和29年8月 公衆電話室製作開始。
昭和30年11月 富士通信機器製造(株)(現富士通(株))殿と取引開始(PBX配線盤)
昭和34年7月 東京芝浦電気(株)殿本社と取引開始(家庭用ガス機器)
昭和39年2月 本社を横浜市鶴見区より港北区に移転。
昭和40年5月 栃木県小山市に小山工場新設
昭和42年12月 社名を株式会社長村製作所に変更
昭和48年3月 リビヤ国へ公衆電話室納入開始
昭和49年10月 ガス燃焼器具部門を分離し、東芝と合弁会社東芝ガス機器工業設立(4,000万円減資新資本金1,000万円)
昭和50年6月 本社を横浜市港北区より鶴見区に移転
昭和53年12月 (財)電気通信共済会各地方支部・営業所と取引開始(公衆電話室用保守部品)
昭和54年3月 東芝ケミカル(株)殿と取引開始(航空用コンテナ)
昭和54年3月 (株)竹中工務店東京支部と取引開始(環境用公衆電話室)
昭和55年2月 富士通(株)小山工場殿と取引開始(盤架類)
昭和56年6月 (株)高岳製作所殿と取引開始(電力装置用筐体)
昭和56年6月 三菱重工(株)殿と取引開始(特殊電話室)
昭和59年3月

(株)東京タツノ殿(現(株)タツノメカトロニクス)と取引開始(給油票自動発行機収納BOX)

昭和60年6月 昭和飛行機工業(株)殿と取引開始(航空用コンテナ)
昭和61年12月 (株)アドバンメカテック殿と取引開始(計測機器用筐体)
昭和61年12月 トキコ油器(株)殿と取引開始   (給油票自動発行機収納BOX)
昭和63年8月 (株)NTTデ−タ殿と取引開始
平成3年2月 安藤電気(株)殿と取引開始
平成3年8月 NTT移動通信網(株)殿と取引開始
平成6年1月 NTTパ−ソナル通信網(株)殿と取引開始(PHS用アンテナ取付金物柱上用)
平成7年6月 那須電機鉄工(株)殿と取引開始
平成7年7月 古河電気工業(株)殿と取引開始
平成8年4月 NTTアドバンステクノロジ−(株)殿と取引開始
平成9年5月 本社を横浜市より栃木県小山市に移転。東京事務所開設。
平成10年7月 ISO9001認証取得
平成11年7月 星和電機(株)殿と取引開始
平成11年10月 大平工場新設
平成12年3月 東北日本電気(株)殿と取引開始
平成12年9月 (株)日立製作所殿と取引開始
平成13年2月 沖電気工業(株)殿と取引開始
平成13年2月 ISO14001認証取得
平成13年5月 宮城日本電気(株)殿と取引開始
平成13年5月 山梨日本電気(株)殿と取引開始
平成14年3月 本社を栃木県小山市から大平工場内に移転