妊婦の近くでタバコを吸っている方はいませんか?妊婦が受動喫煙した場合、胎児へどのような影響を及ぼすか、ご存知でしょうか。
本記事では、受動喫煙(副流煙)が妊娠へもたらす悪影響を詳しく解説するとともに、妊婦に副流煙を吸わせないための対処法を紹介します。
妊婦が近くにいる方はもちろん、これから出産を計画している方も、ぜひ最後までご覧ください。

受動喫煙(副流煙)は妊娠にどのような影響をもたらすのか?

まずは、副流煙がもたらす妊娠への悪影響を紹介します。

  • 流産
  • 死産
  • 早産
  • 胎児の発育障害
  • 胎児の発達障害

喫煙時に喫煙者自身が吸う主流煙よりも、加熱部から発生する副流煙に有害物質が多量に含まれます。この副流煙を妊婦が吸ってしまうと、ニコチンの血管収縮作用により子宮や胎盤への血液量が減少し、流産や早産、発育障害の原因となってしまいます。ニコチンは神経毒性もあるため、生まれてくる赤ちゃんの知的能力など、発達へも悪影響を及ぼすおそれがあるのです。

また、タバコの副流煙に含まれる一酸化炭素は酸素よりもヘモグロビンと結合しやすく、酸素の運搬能力を下げ、胎児が低酸素状態になってしまう可能性も非常に高く、とても危険です。

続いて、出産後に赤ちゃんが副流煙を吸ったときの悪影響を紹介します。

  • ぜんそく
  • 気管支炎
  • 中耳炎
  • SIDS(乳幼児突然死症候群)

タバコの主流煙・副流煙ともに、SIDS(乳幼児突然死症候群)の原因といわれています。ほかの病気にもかかりやすく、治りにくくなると報告されているため、妊婦や赤ちゃんの前で喫煙するのは絶対にやめましょう。

また、出産後のお母さんが副流煙を吸うと、副流煙中に含まれているニコチンが母乳へ移行し、赤ちゃんに嘔吐や下痢、不眠などのニコチン中毒の症状が起こるおそれがあります。赤ちゃんの前だけでなく、出産後のお母さんの前での喫煙も控えましょう。

妊婦に受動喫煙させないための対処法

妊婦や胎児に受動喫煙させないための対処法を紹介します。

  • 禁煙
  • 分煙

一つずつ詳しく解説します。

禁煙

生まれてくる赤ちゃん・母体のために、もっとも良いのは家族全員が禁煙することです。

産婦人科の中には禁煙外来を併設しているところもあり、妊婦だけでなく、家族の禁煙をサポートしてくれます。治療費の助成をしている自治体もあるため、ぜひお住まいの地域の情報を調べてみてください。

分煙

禁煙できない場合は、妊婦と胎児のために、徹底した分煙を心がけましょう。
分煙に関するよくある質問をまとめました。ぜひ併せてご覧ください。

  • 換気扇の下での喫煙はリスクにならない?
  • 外で吸えばリスクにならない?
  • 妊婦や赤ちゃんの前で吸わなければ大丈夫?
  • 空気清浄機があればリスクは低くなる?

一つずつ詳しく解説します。正しい知識を持って、受動喫煙の被害から赤ちゃんとお母さんを守りましょう!

換気扇の下での喫煙はリスクにならない?

換気扇の下でタバコを吸っても、受動喫煙の被害は減らせません。換気扇ではタバコの有害物質は取り切れないためです。
また、換気ダクトを通って屋外に出た煙は、近くの住人にとって迷惑です。トラブルに発展するおそれもあるため、控えましょう。

外で吸えばリスクにならない?

喫煙後約200秒間は、吐息にタバコの有害物質が含まれるといわれています。また、肺の中にたまった有害物質は30~1時間程度、呼気を通して排出され続けるという報告もあります。
外で吸っても、そのあとすぐに同じ空間にいるようであれば、副流煙にさらしているのと同義です。

妊婦や赤ちゃんの前で吸わなければ大丈夫?

喫煙から1時間程度はタバコの有害物質が吐息に含まれるといわれています。妊婦や赤ちゃんの前で吸っていなくても、受動喫煙させてしまう場合があるため、注意しましょう。
また、タバコの煙がなくなっても、有害物質は喫煙者の髪の毛や衣類、部屋のカーテンやソファーなどに付着しています。三次喫煙(サードハンドスモーク)と呼ばれ、アレルギーや気管支ぜんそくなどの呼吸器系疾患を引き起こすため、注意が必要です。

空気清浄機があればリスクは低くなる?

残念ながら、空気清浄機では副流煙による健康被害のリスクは低下させられません。
空気清浄機は、粒子状成分の除去に特化しています。タバコの副流煙に含まれる一酸化炭素などの有害物質はガス状になっており、空気清浄機では十分に取り除けません。

受動喫煙が与える子どもへの悪影響とは

妊婦には皆で協力して受動喫煙をさせない努力が必要だということが分かりました。

では子どもが生まれてからは対策を行わなくていいのでしょうか。そうではありません。別記事で副流煙(受動喫煙)は子どもにどのような悪影響をもたらすのか」にてご紹介しておます。ぜひご覧ください。

生まれてくる赤ちゃんのためにも対策を!

いかがでしたでしょうか。
受動喫煙や副流煙による、胎児・母体への悪影響は深刻なものです。最悪の場合、胎児が死に至る可能性も十分あることを、正しく認識しておきましょう。
妊婦や胎児に副流煙を吸わせないために、禁煙や分煙を徹底しましょう。妊婦や赤ちゃんの前で吸っていなくても、受動喫煙させている場合があります。正しい知識を持って、生まれてくる赤ちゃんのために対策しましょう!
長村製作所では、厚生労働省の基準をクリアした喫煙ボックス「SMOX」を提供しています。もちろん、ほかにも対策は必要ですが、身の回りに妊婦や新生児がいらっしゃる方にはぜひご検討してもらいたい分煙対策の一つです!