働く方にとって大切な休憩。
作業や仕事に集中するための環境を整えることも重要ですが、息抜きをするための環境を整えることも重要です。

しかし、工場の経営者様のなかには、工場内に休む場所がなく従業員がきちんとした休息を取れないとお悩みの方ももいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、工場に休憩室を設置するメリットとデメリットを紹介します。
休憩室を設置するかどうか悩んでいる工場経営者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

工場で休憩室を設置するメリット

ここからは、工場に休憩室を設置するメリットを5つ紹介します。

メリット①心身の休息ができる

どのような作業や仕事でも、長時間取り組めば必然的に疲れが出てきます。
疲れた状態で作業をすると、集中できなくなるなどの悪影響が出るでしょう。

疲れた際に、飲食が可能な休憩室でリラックスできれば、お菓子や軽食などで糖分を補給しつつ体のリフレッシュができます。

また、空調をつければ工場内の室温が高くなった際の熱中症対策としても活用できるため、おすすめです。

メリット②作業効率が上がる

人間の集中力は、およそ90分が限界といわれています。
そのため、集中力や作業効率を下げないためには、60分~90分に1度の休息をとることが理想的です。

短い時間でも、休憩室内が快適な環境であれば十分なリフレッシュができます。
きちんと休めれば、集中力が回復して仕事の質やスピードも上がるでしょう。

メリット③ミスや事故などを防げる

集中力を回復するためには、しっかり休むことが大切です。

集中力が低下すると、思わぬミスや事故が発生する恐れがあります。
たとえば、作業に集中できず機械の操作を誤ってしまうと、生産ラインを止めなければならない事態になるケースも考えられます。

集中力が低下している状態で作業を続けることは危険であるため、一度作業から離れて休憩室で栄養補給や水分補給をとれる環境をつくりましょう。

メリット④メリハリをつけて働ける

工場内に休憩室を設置することで、メリハリをつけて働けるというメリットがあります。

作業現場で休もうとしても、休憩時間中も作業のことが頭から離れずリラックスができないでしょう。
しかし、休憩室があれば作業や仕事の内容から物理的に離れられるため、休むことに専念できます。

メリット⑤従業員同士のコミュニケーションがとれる

快適な休憩室があれば、自然と従業員同士のコミュニケーションが生まれるでしょう。
従業員同士でコミュニケーションが活発化すれば、情報の共有もしやすく業務に対するよい影響が期待できます。

また、休憩室では業務とは関係のない話もできるため、歓談やコミュニケーションがよい気分転換になることもメリットです。

工場で休憩室を設置するデメリット

次に、休憩室を設置した際に考えられるデメリットを4つ紹介します。

デメリット①休憩時間が長くなる

休憩室を設けると、話が盛り上がった場合などに休み時間が長くなることが考えられます。
休憩は、心身のリフレッシュやコミュニケーションをとることが目的ですが、休む時間が長くなり作業や仕事に悪影響が出てしまっては休む意味がありません。

休み時間が長くなる対策として、室内に時計を設置することなどが効果的です。

デメリット②声などがうるさく感じる

休憩室が工場の内部や作業場の近くに設置されている場合、休憩中の話し声などが作業中の方にも聞こえてしまい、作業に集中できないことも考えられます。
そのためには、休憩室の防音性を高めたり、休憩時間に大きな声での会話を禁止したりする必要があります。

休む方と作業をする方が、互いに不快に感じないような休憩室にすることが大切です。

デメリット③工場のスペースが狭くなる

工場の規模にもよりますが、広い休憩室を設置すると工場のスペースが狭くなることがあります。

また、小規模の工場の場合は休憩室を設けるスペースがない場合も考えられます。
工場の規模や従業員の人数に合わせて、休憩室の規模を検討しましょう。

デメリット④休憩室を作る費用や維持する費用がかかる

休憩室を設置するには、費用がかかります。
工場に設置するのであれば、空調設備が整った防音の休憩室が理想的ですが、その分費用も高くなります。

また、エアコンなどの電気代や休憩室の維持費がかかることもデメリットだといえるでしょう。
休憩室を設置する際は、ランニングコストがかかることも考慮する必要があります。

休憩室をより快適に

本記事では、工場に休憩室を設置するメリットやデメリットを解説しましたが、せっかく設置するならより快適に過ごせる休憩室がいいですよね。
別記事の「工場の休憩室を快適にする3つの方法と気をつけたい注意点」で、快適な休憩室について紹介していますので、ぜひご覧ください。

休憩室で休むことで作業に集中でき、作業効率や生産性が上がる

いかがでしたでしょうか?

休憩室の設置にはメリットもありますが、デメリットも多いです。
休憩室での適度な休憩は、従業員の集中力を高め生産性を上げることもありますが、反対に作業環境や業務に対して悪影響を及ぼすこともあるでしょう。

従業員が適度にリラックスできるように規模や設備を考えて、工場に合わせた休憩室を設置しましょう。

KOVAKOは自由な大きさで工場に設置できる休憩室です。
工場内に独立した休憩室を用意したいとお考えの方は、ぜひKOVAKOの導入をご検討ください。