工場の経営者様のなかには、現場で働く従業員から設備の改善の要望を求められた経験のある方も、いらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、設備を改善することが大事であることはわかるものの、具体的にどのように改善すればよいのかがわかりませんよね。

そこで今回は、工場でできる設備改善の具体例と、改善を行う際のポイントをわかりやすく解説します。
工場の設備改善を検討している経営者様は、ぜひ最後までご覧ください。

工場で行われる設備改善の具体例

工場での設備の改善方法には、いくつかの種類があります。
そこでここからは、工場でできる設備の改善の具体例を2つ紹介します。

具体例①工場で安全に作業ができる環境を整える

工場での主な作業には、製品の組み立てなどを行う製造ラインや部品などを運ぶ部品供給、製造ラインの管理を行うライン管理などがあります。
工場では、作業の内容によっては危険をともなうことも多いため、安全に作業をできるようにするためには、設備の改善を行うことが重要です。

簡単な改善であれば、工場の通路でつまずかないように物を片づけられる収納棚を設置する、といったことなどが挙げられます。

また、部品などの荷物を持ち上げて運搬するフォークリフトに、目立つランプをつけることも効果的です。
なぜなら、フォークリフトの周辺にいる作業員と接触すると重大な事故につながるリスクがあるため、ランプをつけて従業員に危険が気づきやすくすることをおすすめします。

このように、工場の設備の改善を行うことで、作業中のミスや事故を防げる可能性が高いでしょう。

具体例②作業中に感じる不便や無駄を解消する

作業中に感じる不便や無駄を解消することも、設備の改善だといえるでしょう。
たとえば、備品が高い場所にあって取りにくい場合には、踏み台を設置すれば取りやすくなります。

また、備品や機械を手入れするための器具などが、工場のさまざまな場所に無造作に置かれていると、備品や器具の数や量を正確に把握できません。
置き場所が定まっていないことによって、使うたびに探す必要があるため作業効率が下がります。

備品などの整理整頓をしたうえで、使う場所の近くにまとめておけば、備品を探し回ることもなくなるため作業効率の向上につながります。

工場の設備の改善を行う際のポイント

工場の設備の改善を行う際には、押さえておきたいポイントがいくつかあります。
以下に、工場の設備の改善を行う際のポイントを2つまとめました。

ポイント①小さい改善から実行する

一口に設備を改善するといっても、何から手をつけてよいかわからないでしょう。
そのため、工場の設備の改善は、小さい改善から実行することがおすすめです。

生産ラインにロボットを導入するなど、大きな改善は効果も高いですが提案や準備をする必要があり、実施するまでに時間がかかります。
しかし、日常的によく使う備品を、整理整頓してまとめるなどの小さい改善であれば、すぐに実行できます。

小さい改善を行いながら大きい改善の準備をすることが、改善の進め方として理想的です。

ポイント②現場で働いている従業員に聞く

工場の作業の工程のほとんどがマニュアル化されているため、改善点を見つけることが難しいことも多いです。
ただし、改善は作業の工程だけではなく、普段の小さな気づきからでも作業効率を上げることができます。

実際に工場では、現場で働いている従業員の設備の改善の提案が、仕事の効率化やコストの削減につながるケースも多々あります。

小さな気づきは、仕事上のちょっとした不便を解消するものであることが多く、作業効率を劇的に上げるようなものではないかもしれません。
しかし、小さな改善を繰り返すことで、作業時間の数分の短縮や1円単位のコストダウンになり、それらが積み重なれば大きな作業効率の向上につながります。

また、従業員の仕事上の不便を解消することにもなるため、従業員の満足度も上がるでしょう。

 

工場に休憩室を設置するメリットとデメリット

本記事では、工場での設備改善ついてご紹介しましたが、工場に休憩室を設置するとどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか?
別記事の「工場に休憩室を設置するメリットとデメリットを紹介」にて詳しくご紹介しております。ぜひご覧ください。

工場で設備の改善をする際には小さい改善から実行する

いかがでしたでしょうか?

工場では危険がともなうことも多いため、安全に作業ができるように設備の改善を行うことが重要です。
たとえば、荷物を持ち上げて運搬するフォークリフトに、目立つランプをつけるとよいでしょう。

また、工場で設備の改善をする際のポイントは、よく使う備品を整理整頓するなどの小さい改善から実行することです。
大きな改善を行うためには時間とコストがかかるため、小さい改善を行いながら大きい改善を実行するための、準備をすることをおすすめします。

設備改善の一環として、休憩室を設置することも効果的です。
設備の改善として工場内に休憩室の設置を考えている場合は、簡単に設置できるKOVAKOの導入をご検討ください。