倉庫で働く従業員が快適に仕事をするために、休憩室を設置することは経営者の大切な仕事の1つです。
しかし、休憩室を設置することが大事であることはわかるものの、具体的にどのようなメリットやデメリットがあるのかがわからない方も、多いのではないでしょうか?

そこで今回は、倉庫内に休憩室を設置するメリットとデメリットを紹介します。
倉庫内に休憩室の設置を検討している経営者の方は、ぜひ最後までご覧ください。

倉庫での主な作業内容

倉庫での主な作業には、倉庫内にある荷物を集めるピッキングや梱包した荷物にラベルを貼る作業、トラックに荷物を積み込む出荷作業などがあります。

倉庫では、このような単純作業の繰り返しや流れ作業が行われていることが多いです。
そのため、従業員は勤務時間中に高い集中力を求められ、荷物を持ち上げる作業などでは体力も必要とされます。

倉庫の業務の多くは流れ作業であるため、1つの作業でも遅れやミスが発生すると全体の業務が遅延します。
そのため、従業員には心身を休めるための休憩室が必要です。

倉庫内に休憩室を設置するメリット

倉庫内に休憩室を設置することには、いくつかのメリットがあります。
ここからは、倉庫内に休憩室を設置するメリットを4つに分けて紹介します。

メリット①ミスや事故を防止できる

仕事をする際に、十分に休まないまま働き続けると、注意力や集中力は落ちてしまいます。
注意力や集中力が落ちた状態で働くと、倉庫内での作業のミスや重大な事故につながる可能性が高くなります。

しかし、従業員が休憩室で心身を休めることができれば、ミスや事故の防止につながるでしょう。
ミスや事故を防ぐためにも、疲労や集中力を回復できるような休憩室を設置することが大切です。

メリット②作業効率が向上する

休憩室は、仕事のオンとオフを切り替えるために重要な設備です。

倉庫内に休憩室を設置することで、従業員は仕事と休憩の時間をはっきりと区別でき、メリハリをつけて仕事ができます。

適度に休むことで集中力が回復し、作業効率の向上につながります。

メリット③コミュニケーションのきっかけになる

倉庫内に休憩室があれば、普段は関わりの少ない従業員同士が交流する機会が増えます。

業務中にはほかの部署の従業員と関わる機会が少ない場合でも、すべての従業員が利用できる休憩室があれば休憩中に顔を合わせることで、会話が生まれるかもしれません。

従業員同士のコミュニケーションが活発になることで、お互いの作業内容を知ることができ、仕事の効率も上がるでしょう。

メリット④モチベーションを維持できる

快適な休憩室を倉庫内に設置すると、従業員のモチベーションの維持に役立ちます。

休憩室内に、ウォーターサーバーや自動販売機などを設置して設備を充実させ、快適な空間にするとよいでしょう。
また、1人用の席とグループ用のテーブル席をそれぞれ設けると、1人でゆっくり休みたい方と会話を楽しみたい方の両方に対応できるのでおすすめです。

倉庫内に休憩室を設置するデメリット

倉庫内に、休憩室を設置することには多くのメリットがある一方で、デメリットもいくつかあります。
ここからは、倉庫内に休憩室を設置するデメリットを紹介していきます。

デメリット①休憩室の設置や維持に費用がかかる

倉庫内に新たに休憩室を設ける際には、費用がかかります。

また、空調設備などの電気代や、エアコンやウォーターサーバーなどの設備を設置する場合は、維持にかかる費用も考えておかなければなりません。

しかし、快適な休憩室で心身を休めることができれば従業員のモチベーションも高くなり、作業効率が上がるでしょう。

デメリット②配置場所を考える必要がある

倉庫内に休憩室を設置する際は、配置場所を慎重に考えなくてはなりません。
なぜなら、休憩室と作業場所の動線を工夫しなければ往復に時間がかかるからです。

作業効率がかえって悪くならないように、休憩室の配置場所を事前にシミュレーションすることがポイントです。

デメリット③作業の音や休憩中の会話が気になる

倉庫内の作業場と休憩室の距離が近すぎる場合、休憩中に作業の音が気になることや、作業中に休憩室にいる人の話し声などが気になることがあるかもしれません。

休憩する人と作業する人のお互いが気持ちよく過ごすために、防音設備を整えるなどの工夫をすることをおすすめします。

溶接工場の休憩所設置のメリット・デメリット

本記事では、倉庫内に休憩室を設置するメリット・デメリットについて解説してきましたが、倉庫と一緒に溶接工場への休憩室の設置を検討している方も多いのではないでしょうか?
別記事の「溶接工場に休憩室を設置するメリット・デメリットとは?」では、溶接工場への休憩室の設置について詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

倉庫内に休憩室を置く大きなメリットは従業員の集中力が上がること

いかがでしたでしょうか?

倉庫での仕事は、集中力を求められるだけではなく出荷作業などでは体力も必要です。
倉庫内に休憩室があれば、身を休ませて集中力も回復でき、作業のミスや事故を防げる可能性が高くなるでしょう。

また、休憩室で従業員同士の交流が活発になると、お互いの仕事内容を知ることができ、作業効率の向上も期待できます。
設置や維持に費用がかかるなどのデメリットもありますが、倉庫内に休憩室を設置することには多くのメリットがあります。

KOVAKOは自由な大きさで設置できる休憩室です。
設置も簡単にできるため、倉庫内に休憩室の設置を考えている場合はぜひKOVAKOの導入をご検討ください。