仕事中に集中力が落ちてしまった場合でも、適度に休憩することで集中力が回復したという経験がある方も多いのではないでしょうか?
特に、溶接工場の仕事は危険をともなう作業が多く、作業員の集中力が落ちた状態で働くと、重大な事故につながる可能性があります。

そこで今回は、溶接工場に休憩室を設置するメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。
溶接工場を安全に経営したいとお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

溶接工場の仕事とは?

溶接は、2つ以上の材料に加圧・加熱を施して、金属を溶かして接合する加工技術のことを指します。

溶接工場での主な仕事内容は、溶接の技術を用いて自動車やバイク、建築鉄骨などの製造や加工をすることです。
ロボットを利用した溶接の方法もあるものの、導入コストが高いうえに大きい材料同士の溶接が難しいため、今後も溶接工場での仕事の需要は高いといわれています。

溶接工場での仕事は、ハードな肉体労働で危険をともなう作業も多いため、作業員の集中力が落ちた状態で働き続けると、思わぬ事故が起きてしまう可能性が高いです。
特に溶接工場は熱を使う仕事であるため、事故が起きるとやけどや健康被害のリスクがあります。

作業員の集中力を上げるためにも、溶接工場での勤務中には適切な休憩をこまめにとることが重要です。

溶接工場に休憩室を設置するメリット

ここからは、溶接工場に休憩室を設置するメリットを3つに分けて紹介します。

メリット①ミスや事故の防止につながる

溶接工場に休憩室を設置するメリットは、ミスや事故の防止につながることです。

作業員が仕事中に休むことなく働き続けると、集中力が落ちてしまい作業のミスや重大な事故が起きる可能性が高まります。

ミスや事故を防ぐためにも、作業員が心身を休められるような休憩室を設置することが大切です。

メリット②仕事の効率が上がる

作業員は、休憩室で休むことによって仕事と休憩の時間を明確に区別でき、仕事のオンとオフを切り替えやすくなります。
また、普段の業務中には関わる機会が少ない作業員とも、休憩室で顔を合わせて会話をすることにより、お互いの仕事内容を知って作業を効率的にできるかもしれません。

休憩室で適度に休むことで集中力を回復させ、作業員同士のコミュニケーションの機会が増えることにより仕事の効率化が期待できます。

メリット③モチベーションを維持できる

溶接工場に快適な休憩室を設置すれば、作業員のモチベーションの維持にも役立ちます。

たとえば、休憩室内にウォーターサーバーや自動販売機などを設置して設備を充実させる方法や、1人用の席とグループ用のテーブル席をそれぞれ設ける方法などがあります。

アンケートなどで休憩室の設備の要望を聞いてから設備を充実させれば、作業員の満足度の向上につながるのでおすすめです。

溶接工場に休憩室を設置するデメリット

溶接工場に休憩室を設置することには多くのメリットがある一方で、デメリットもいくつかあります。
ここからは、倉庫内に休憩室を設置するデメリットを紹介していきます。

デメリット①費用がかかる

溶接工場に新たに休憩室を設置すると、費用がかかることがデメリットの1つです。

かかる費用には、休憩室の設置にかかる費用に加えて空調設備などの電気代や、ウォーターサーバーや自動販売機などを維持するための費用があります。

作業員が快適な休憩室で心身を休めることができれば、作業効率が上がるでしょう。
しかし、そのためには費用がかかることを考えて、設置を検討することをおすすめします。

デメリット②作業効率や集中力が下がる可能性がある

溶接工場と休憩室の動線を考慮して設置しなければ、往復に時間がかかり作業効率がかえって悪くなります。
休憩室への移動時間も休憩時間に含まれるため、休憩室の配置場所を事前にシミュレーションすることがポイントです。

また、溶接工場の作業スペースと休憩室の距離が近すぎると、休憩中に作業の音が気になることや、作業中に休憩室の話し声などが気になることもあるかもしれません。

防音設備を整えるなどの工夫をして、休憩する人と作業する人のお互いが気持ちよく過ごせるような環境をつくりましょう。

倉庫内の休憩所設置のメリット・デメリット

本記事では、溶接工場に休憩室を設置するメリット・デメリットについて解説してきましたが、溶接工場と一緒に倉庫への休憩室の設置をお考えの方も多いのではないでしょうか?
別記事の「倉庫内に休憩室を設置するメリットとデメリットを徹底解説」では、倉庫への休憩室の設置について詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

溶接工場に快適な休憩室を設置することでミスや事故を防げるというメリットがある

いかがでしたでしょうか?

溶接工場での仕事は危険な作業も多いため、作業員には集中力が求められます。
そのため、快適な休憩室を溶接工場に設置すれば、作業員は心身を休めて集中力も回復できるので、ミスや事故の防止につながるでしょう。

また、休憩中に作業員同士の交流が増えれば、お互いの仕事内容を知ることができ、作業効率が上がる可能性が高いです。

一方で、溶接工場の作業スペースと休憩室の距離が近すぎると、作業の音や休憩中の会話が気になるというデメリットなどがあるので、防音設備を整えることをおすすめします。

KOVAKOは簡単に設置できる休憩室です。
工場内に独立した休憩室を用意したいとお考えの方は、KOVAKOの導入をご検討ください。