工場内に休憩室があるものの、あまり快適ではないという方も、なかにはいらっしゃるのではないでしょうか?
快適な休憩室で過ごせないと、工場で働く従業員は心身をしっかり休められずに、逆にストレスが溜まってしまいます。

そこで今回は、工場の休憩室を快適にする3つの方法と気をつけたい注意点を解説します。
工場の休憩室を快適にしたいと考えている工場経営者様は、ぜひ最後までご覧ください。

工場の休憩室を快適にする3つの方法

工場の休憩室を快適にするためには、いくつかの方法があります。
ここからは、工場の休憩室を快適にする方法を3つ紹介します。

方法①内装のリフォームを行う

工場で働く従業員は、快適な休憩室で休むことによって仕事と休憩の時間をはっきりと区別でき、仕事のオンとオフを切り替えやすくなります。
しかし、休憩室に長年の汚れやニオイ、カビ臭さなどが染みついている場合、快適であるとはいえません。

居心地が悪く、心身を休めることができない休憩室は、従業員の働くモチベーションを下げてしまいます。
フロアタイルや壁紙の張り替えなどの内装の工事を行い、温かみのある雰囲気やリラックスできる雰囲気にリフォームするとよいでしょう。

方法②設備やレイアウトを工夫する

設備やレイアウトを工夫することでも、工場の休憩室を快適にできます。
たとえば、ウォーターサーバーや自動販売機などを設置すると、休憩室内の設備を充実させられます。

アンケートなどで、従業員に導入したい設備の要望を聞いてから充実させれば、従業員の満足度の向上にもつながるのでおすすめです。

また、休憩室のレイアウトを考える際は、1人用の席とグループ用のテーブル席を設けることも効果的です。
従業員によっては、1人のほうがゆっくり気が休まる場合や、逆に他人と会話を楽しみたい場合もあるので、どんな従業員もリフレッシュできるようなレイアウトを考えましょう。

休憩室内の設備を充実させることで従業員の満足度を上げ、リフレッシュさせることによって仕事の効率も上がります。

方法③配置場所を考える

工場の休憩室を快適にするためには、休憩室の配置場所を慎重に考える必要があります。
なぜなら、休憩室と作業場所の動線を工夫しなければ、往復に時間がかかる可能性があるからです。

そのため、作業効率がかえって悪くならないように、配置場所を事前にシミュレーションすることが大切です。

また、工場の作業場所と休憩室の距離が近すぎると、休憩中に作業の音が気になることや、作業中に休憩室の話し声などが気になることもあるかもしれません。
休憩する人と作業する人のお互いが快適に過ごすために、休憩室に防音設備を整えておきましょう。

工場の休憩室を快適にするときの注意点

工場の休憩室を快適にするときには、気をつけたい2つの注意点があります。
工場の休憩室を快適にするために、それぞれの注意点を押さえていきましょう。

注意点①費用がかかる

内装のリフォームなどを行うときには、費用がかかります。
また、ウォーターサーバーや自動販売機などの設備を設置する場合は、維持にかかる費用も考えておく必要があります。

快適な休憩室で心身を休めることができれば、従業員のモチベーションも高くなり、作業効率の向上につながるでしょう。
しかし、そのためには費用がかかることを押さえて、リフォームや設備の設置を検討することをおすすめします。

注意点②休憩時間が長くなる

工場の休憩室を快適にしすぎると、従業員同士で話が盛り上がった場合などに休憩時間が長くなる可能性があります。

工場の休憩室を快適にする目的の1つは、従業員の心身をリフレッシュさせることや、従業員同士のコミュニケーションを活発化させることです。
心身のリフレッシュや活発なコミュニケーションによって、集中力の回復や業務の効率化が期待できます。

しかし、休憩時間が長くなり作業効率がかえって悪くなってしまえば、休憩室を快適にする意味がありません。
休憩時間が長くなりすぎないように、休憩室内に時計や張り紙を設置することなどの対策をするとよいでしょう。

休憩室設置のメリット・デメリット

本記事では、休憩室を快適にする方法と注意点について紹介しましたが、休憩室の設置にはメリットとデメリットがあります。
別記事の「工場に休憩室を設置するメリットとデメリットを紹介」で、詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

工場の休憩室を快適にするためには内装のリフォームや設備を充実させる工夫を行う

いかがでしたでしょうか?

従業員は、快適な休憩室で休むことによって仕事のオンとオフを切り替えやすくなります。
汚れなどがある休憩室では、フロアタイルや壁紙の張り替えなどの内装のリフォームを行えば、工場の休憩室を快適な空間にできます。

また、休憩室内にウォーターサーバーや自動販売機などを設置して設備を充実させると、従業員の満足度の向上にもつながるのでおすすめです。
一方で、内装のリフォームや設備の維持にも費用がかかるなどの注意点もあるため、費用がかかることを考慮しましょう。

KOVAKOは自由な大きさで設置できる休憩室です。
工場内に独立した快適な休憩室を用意したいとお考えの方は、KOVAKOの導入をご検討ください。