近年注目されている「健康経営」。皆さんの職場では取り入れられているでしょうか?健康経営を実践することで、企業のイメージアップや離職者の軽減にもつながり、社員にとって「働きやすい職場」に変身します。ただ健康経営にはマイナス点もありますので、取り入れる場合はその辺も十分理解しておく必要があります。
この記事記事で説明していく内容を参考に、ぜひ検討してみてください。

健康経営とは

健康経営とは、政府が推進している経営手法のことで、社員が健康で元気に働ける環境づくりを目指して健康管理や戦略などを行っている経営手法のことを言います。企業のイメージアップや退職者の軽減などにもつながりますので、積極的に取り入れたいところです。
とはいえ、ひと口に健康経営と言ってもさまざま。また、なかには「何から始めたら良いかわからない」という方も少なくありません。どんなことを実践していくべきなのか、健康経営のメリット・デメリットを知って賢く取り入れてみましょう。

健康経営のメリット

健康経営を取り入れることで、企業にとってさまざまなメリットが期待できます。事前に知っておくことで導入に向けて前向きに取り組めますし、企業にとっても重要さにも気づくことができます。企業側と社員側では微妙にメリットが異なりますので、それぞれに分けて紹介します。

生産性アップ

企業側にとって一番大きなメリットが「生産性の向上」です。いわゆる企業のイメージアップにつながり、“ホワイト企業”として見てもらえるようになります。企業の評価が高まると当然新規顧客も増えますから、企業の活性化にもつながるでしょう。
さらに、採用力がアップしたり離職率の軽減にもなります。ホワイト企業としてのイメージが付くと、多くの人は「この会社で働いてみたい」とプラスに考えますから、必然的に入社志望者も増えます。さらに自社に合った人材も確保しやすくなりますから、企業側にとって健康経営を取り入れることはプラス要素が多いと言えるでしょう。

リスクマネジメント

リスクマネジメントとは、ご存知のとおり企業にとってリスクになることを回避する取り組みを意味します。健康経営を取り入れると、先ほども述べたように入社志望者が増え、新規顧客も確保しやすくなります。さらに離職率も軽減できるので、自社に留まる社員も上昇するでしょう。どんなに給料が良い会社でも、社員がすぐ退職してしまっては意味がありません。それを回避するために健康経営は欠かせないということです。
また健康経営によって職場だけでなく日常生活でもポジティブに過ごせるようになるので、精神的に余裕が生まれ仕事も効率良くこなせるようになるでしょう。

企業のイメージ向上

「生産性アップ」でも説明しましたが、健康経営を取り入れることで企業に対するイメージが断然良くなります。誰だって、ブラック企業には入社したいと思いません。もちろんホワイト企業という噂だけで蓋を開けるとブラック企業だった…なんてケースもありますが、健康経営を取り入れている企業は確実に良いイメージを持ってもらいやすいため、生産性はもちろんのこと業績向上にもつながるでしょう。

社員側のメリット
一方で、社員にとっても健康経営を取り入れることでさまざまなメリットが得られます。

・精神的に余裕ができ健康になる
・仕事が楽しくなる
・会社が好きになる

安定して働けるのでストレスもかかりにくいですし、ポジティブな気持ちになりやすいので会社だけでなく日常生活でも明るく楽しく過ごせるようになります。心の健康は仕事にも大きな影響を与えますので、睡眠不足の方はぐっすり眠れるようになったり生活環境の改善も期待できます。
さらに、企業側の生産性アップや業績アップにもつながるということは、そのぶん社員もイキイキと仕事ができている証拠です。職場に活気が戻り、一体感も生まれやすくなるでしょう。

健康経営のデメリット

ただ健康経営にはマイナスな点もいくつかあります。良い面ばかりに目を向けてしまうと失敗しやすいので、どんなデメリットがあるのかもしっかり理解しておきましょう。

効果がわかりにくい

メリットを見ると健康経営によって明確な改善が見られているのがわかりますが、実際は効果がわかりにくいと言われています。また健康経営を取り入れるにあたり時間や金銭などのコストもかかってきますから、その点はどうしてもデメリットになってしまいます。ある程度実感できるまでにはそれなりの時間も費やしますので、そこを理解したうえで取り入れるかどうかを検討しましょう。

効果検証のためのデータ収集が難しい

社員が多い企業の場合、データを取得・管理するのに時間がかかります。健康経営には人事と健康の2つのデータが必要になるため、これらをしっかり扱わなければ人事総務担当者の負担になってしまいます。実践し成功させるためには、管理ツールを取り入れる必要もでてくるでしょう。

従業員が負担に感じる

上記の通り健康経営には人事データと健康データが必要になるため、会社に自身の健康状態が知られてしまいます。これに抵抗を感じる方にとっては健康経営は負担になります。どうしても取り入れる場合は、健康情報がどのように使われているのかきちんと明示し、また管理方法についても社員にしっかり伝えておきましょう。

健康経営に取り組むべき企業

すべての企業が、必ずしも健康経営を取り入れなければいけないわけではありません。ここでは、どんな企業が取り組むべきなのか紹介します。

ストレスチェックの結果が良くない

職場でのストレスチェックで問題があった場合、業務状況や周囲とのコミュニケーションが上手くいっていない可能性が高いため、健康経営を実践していくことが必要になります。2015年12月から各企業でストレスチェックが義務づけられていますので、結果が良くない場合は健康経営を取り入れるだけでなく職場環境の見直しも検討しましょう。

長期休業者が多い

持病以外で退職者や長期休業者が多いということは、人材不足を招くだけでなく職場環境が良くない証拠になります。企業のイメージダウンにもつながりますので、こういった問題を抱えている場合も健康経営の取り組みが必要でしょう。

人材不足で、労働時間が長い

「長期休業者が多い」でも述べましたが、休業者が増えると必然的に人材不足に陥り企業のイメージダウンになります。また長い労働時間も病気やストレスの原因になり離職率が増えてしまう恐れがありますから、改善するためにも健康経営の実践は大切でしょう。

中高年の従業員が多い

社員がいるだけでも十分良いことですが、それが中高年であった場合、加齢による健康面が心配されます。どんなに健康な人でも、年齢とともに肉体は衰えていきます。突然の大病で長期休業せざるを得なくなってしまう恐れも十分考えられるでしょう。そんな急な出来事にもしっかり対応できるように、中高年の社員が多い職場も積極的に健康経営を実践していきたいところです。

健康経営に取り組む流れ

では、健康経営を実践していくにはどのように進めていけば良いのでしょうか?健康経営については理解できても、いざ取り入れるとなると何から手をつけたら良いか迷っている方は少なくありません。そんな方のために、健康経営を実践していく流れについて解説します。

健康宣言を実施

まず、社内や社外に健康経営を実践していくことを宣言しましょう。たとえば広報やプレスリリースなどです。多くの人々に発信することで健康経営の重要さを理解できるようになり、より具体的に指針を示せるようになります。

実施できる環境を整える

次に、健康経営を実施できる環境づくりをすることです。健康経営は時間や金銭などさまざまなコストがかかります。そのため、無計画に進めてしまうときちんとした取り組みができなくなってしまいます。ですので、健康経営を宣言したら専門部署を作り、アドバイザーなどを導入することでスムーズに進められるようになるでしょう。

具体的な対策をする

ふわっとした計画ではなく、具体的な対策を考えることが大切です。たとえば「残業が多い」「特定の部署で強いストレスを感じている」「健康診断受診率が低い」などが挙げられます。これらの課題についてどのように取り組んでいくべきか、解決方法を明確に提示しましょう。

取り組みを評価する

もちろん、どれくらいの取り組みが実践されたのか検証することも大切です。そして、実践したことで会社や社員にどのような変化があったのかもきちんと把握しておく必要があります。さらに、評価をもとに次の計画も立てていきましょう。

健康経営で大切な受動喫煙対策

喫煙者が多い場合は、受動喫煙対策も健康経営に欠かせません。最近では全面禁煙を実施している企業も増えていますが、そこまでしなくても分煙や喫煙ブースの設置などで工夫できます。

禁煙

可能であれば全面禁煙が好ましいですが、喫煙者にとってたばこが吸えない環境はストレスになりやすいため、分煙や屋外喫煙所なども案に入れておきましょう。もし全面禁煙にする場合は、その旨も社員にきちんと伝える必要があります。

喫煙ブースの設置

昨今は、喫煙ブースを設けている企業も増えています。
喫煙者と非喫煙者を分断することで受動喫煙の危険性も軽減しますし、双方にとってもストレスになりにくいでしょう。
ただ喫煙ブースを設置する際は「衣類のニオイ移りを防ぐ」「ブール内は清潔にしておく」など工夫も必要です。

喫煙ブースの設置には、他にも注意点や施工前に行う事柄があります。
設置を検討されている方は、是非こちらの記事をご覧ください。

喫煙ブース設置のための注意点と施工前に行うべき事柄

社員がイキイキ働ける職場環境を目指して

いかがだったでしょうか?社員が健康的にイキイキと仕事ができる職場環境を目指すためには、いかに「健康経営」の実践が重要かがわかりました。もちろん取り入れるにはそれなりのコストもかかりますが、マイナスイメージが強い企業や長期休業者が多い企業は、やはり実践していくことを検討したほうが会社や社員のためにもなるでしょう。

「SMOX」は屋内外の両方に設置が可能な喫煙ブースで、風速36m/秒の耐久性と15秒で空気をすべて入れ替える脱煙機能が特徴です。
ISO9001・ISO14001などのマネジメント規格も取得し、15秒でブース内の空気を入れ替えます。快適かつ技術的条件などをクリアした喫煙環境を実現します。
ぜひ、ご覧ください。