2020年4月1日から改正健康増進法の全面施行により、施設の分煙措置が従来よりも厳しいものとなってしまいました。
中でも難しいのが、ホテル・旅館の取り扱いです。
この記事では、ホテルへの喫煙所設置は可能なのか?という点について、改正された健康増進法を基に解説していきます。

ホテルに喫煙所を設置は可能?

条件を満たすことで、ホテルに喫煙所設置は可能です。
改正健康増進法により、多くの人が利用する施設は原則屋内禁煙と定められるようになりました。ホテル・旅館もこの中に含まれます。
ホテル・旅館ではロビー・フロント・宴会場など、公共スペースでの喫煙は禁止となりました。これは未成年者などが意図せず煙を吸ってしまうのを防ぐ、分煙措置です。そのため、いくつか条件はありますが、煙が外に漏れない造りの喫煙所設置は認められています。

また、客室はプライベート空間とされているため、客室での喫煙は可能です。

設置できる条件

屋内に喫煙所を設置する場合、守らなくてはいけない条件は3つあります。

  1. 喫煙所の外部から内部への気流が毎秒0.2m以上
  2. 煙が喫煙所から外部に漏れない(壁・天井による区画分け)
  3. 煙が施設の外に出る

区画分けをして、公共スペースに煙がいかないよう、分煙措置をするのが大切ですね。
喫煙所を設置するのであれば、これらの条件をしっかり満たしたものを選びましょう。

喫煙所設置にあたって、3つの条件以外にも気を付けなければいけない点があります。

  • 「ここは喫煙所である」と分かりやすく表示されている
  • 客・従業員ともに20未満の立ち入りは禁止

子どもが誤って喫煙所に入らないように、分かりやすい表示をしましょう。また、20歳未満の従業員は、掃除などの理由があっても喫煙所に入るのが禁じられています。

ホテルに喫煙所を設置するメリットデメリット

ホテルへの喫煙所設置の有無は、利用客層に影響します。メリット・デメリットを確認したうえで、喫煙ブースの設置を判断しましょう!
また、喫煙所を設置する場合は信頼できる業者が作成した喫煙ブースがおすすめです。分煙措置がしっかりしていない造りのものだと、わざわざ設置しても煙が外部に漏れだしてしまう可能性があります。

メリット

喫煙所を設置し喫煙可のホテルにすると、喫煙者の方からのホテル利用が見込めます。
分煙措置のしっかりしている喫煙所を設置することで、喫煙者の方も非喫煙者の方もストレスなく過ごすことができますね。

デメリット

喫煙所を置かず、全面禁煙とするホテル・旅館も存在します。子ども連れの方や呼吸器の弱い方は、万が一にも副流煙を吸わないように、完全禁煙のホテルを選ぶかもしれません。
また、設置の際は初期コストがかかりますし、掃除しなければいけない箇所が増えるため、掃除の手間も増えるでしょう。

喫煙ブース設置で活用できる補助金や助成金とは

喫煙ブースを設置するといっても、なかなかコストがかかるところにお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
こちらの記事では、喫煙ブースの設置により活用できる補助金や助成金、そして申請方法の流れをご紹介しています。
設置を検討されている方は、是非ご覧ください。

喫煙ブース設置で活用できる補助金・助成金と申請の流れ

喫煙ブースの設置は健康増進法に準拠したSMOXで!

いかがだったでしょうか。ホテル・旅館などの宿泊施設では、分煙がしっかりとされた、健康増進法の条件を満たしている喫煙所であれば設置可能なのが分かりました。
喫煙スペースの設置に悩んでいる場合は、顧客層の喫煙率を加味したうえで、メリットデメリットを確認して判断しましょう。
喫煙ブース設置の際は、厚生労働省技術的基準を満たしており、助成金も出るSMOXがおすすめです!喫煙ブースのサイズも複数あり、場所に合った喫煙ブースを提供できます。良ければチェックしてください!